心と体のバランス

「心技体」という言葉はスポーツ界では聴き慣れています。
なぜ、「心」が一番にきているかわかりますか?
「心」が一番大切だからです。
「心」がなければ技は作られません。
「心」がなければ体も鍛えることができません。
分かる気がします。

先日、野球の指導者が健全な「体」ができて、健全な「精神(心)」が宿る。
と教えてくれました。
???私には「心」が先ではないのかなと思って疑問でした。

しかし、今回の結石で「体」が思うように動かないと
「心」がマイナスに働いてしまったのです。
不安が先に頭をよぎり、悪い方へ悪い方へ考えてしまいます。

どちらもバランスが大切ですね。
ということで「体」を鍛えることも続けていきたいと思います。

コメントを残す

前の記事

めっちゃ痛い

次の記事

人間だもの