好きなことを仕事にする

作家・橘玲(たちばなあきら)さんの本を読みました。そこでの言葉が重すぎます。

『人生100年時代の人生戦略は、いかに人的資本を長く維持するかにかかっています。
そのためには「好きなことを仕事にする」のが唯一の選択肢です。
私たちは「好きを仕事にする」以外に生き延びることのできない残酷な世界に投げ込まれてしまったのです。』

今の子どもたちに大人になりたいか?と聞くと8割近くの子どもが「なりたいくない」と答えるそうです。
それは大人になると生活のためにやりたくもない仕事をして、満員電車に揺られ、仕事で疲れ、うつむきながら生きていく…というイメージがあるそうです。
なんとなく分かりますよね。
それは、我々大人に責任があると思います。大人たちが生き生きと「今日も楽しかった〜!」と言い続けていたら子どもたちも「大人になりたい!」と思うはずです。

コメントを残す

前の記事

テレワークが伸びます

次の記事

変わる学校スポーツ