9月入学制

コロナ緊急事態宣言で浮上したのが『9月入学制』です。
初めて9月入学制を聞いた方は「何を突拍子もないこと言ってるの?」でしょうが、実は10年ほど前に東大、早稲田大、慶應大でも議論されて学長に『9月入学制』案が提出されたことがありました。そのときに問題になったのは、4月〜9月までの空白期間をどうするのか、4月の企業の一斉採用に対応できないということが問題になりました。

1.この休校中の学力を取り戻せる。
2.タイミング的には今がベスト。この休校中が空白期間になる。
3.世界の多くの国が9月入学制で、今後の国際的人材育成のチャンスになる。
4.一斉採用をしているのは一部の大企業のみ。日本でも能力採用、中途採用が増えてきた。

以上のメリットがあると思います。
最初は大混乱すると思いますが、基本的には賛成派です。(個人の意見です。批判覚悟です。)
すでにネット上では賛否両論ありますが、今の子どもたちのことを考えて政府は動いてほしいですね。さて、どうなりますか?

そうしたら、県総体やインターハイもできるかもしれません。
すべてはコロナが収束したらという条件付きですが…。

コメントを残す

前の記事

除菌してます

次の記事

宣言だけでも