スポーツマンシップとは(前編)

「私たち選手一同は、スポーツマンシップに則り、正々堂々と戦うことを誓います。」
とは大会で行われる選手宣誓の常套句です。

こんなことがありました。
【高校野球】1992年明徳義塾VS星稜 松井への5打席連続敬遠
○明徳義塾の監督はこの采配は勝つためには当然のことと考えていたようです。実際に明徳はこの試合に勝利することはできました。ご存知の通り、選手にとって甲子園で勝つということは一生ものの経験になります。

【プロ野球】1999年巨人VSヤクルト ヤクルト・ペタジーニ選手がホームラン王争いをしていることで巨人・上原投手は敬遠を指示されマウンドで涙した。
○実はホームラン王争いをしていたのは巨人・松井選手とヤクルト・ペタジーニ選手。松井選手はヤクルトから5打席のうち3打席は敬遠されていました。しかもこのときの巨人・上原投手には20勝がかかっていました。

メディアなどでたびたび取り上げられ、色々な反響があったようですが、これらの勝負どう思われるでしょうか?
私の考えは明日お伝えします。ではまた。

コメントを残す

前の記事

癒し