競争の恐ろしさ

競争のなかに生きている人は
心の休まる暇がありません。
敗者にならないために
勝ち続けていなければなりません。
そして勝ち続けていても
他者を信じることができないのです。
いつのまにか他者全般のことを
「敵」だと見なすようになります。

あくまでも「理想の自分」と
競争するべきなのです。

そう考えると楽になります。

コメントを残す

前の記事

言い訳の本質

次の記事

運勢