感謝を感じるとは

本当の感謝とはどういうことでしょうか?
言葉だけで「ありがとう」と言っても
感謝していることにはなりません。

本当の感謝とは肌で感じることです。
肌で感じるとは五感のことです。
視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚で
感謝を感じることです。

感じるということは身体に触れるということです。
心に触れる、琴線に触れるということになります。

本当に「ありがとう」と思ったときに
思わず頭をなでる、握手をする、
肩をポンポンとたたくなどの行為が
良い例だと思います。

「ありがとう」とお互いに肌で感じていきたいですね。
(コロナ禍で制限されますが…)

コメントを残す

前の記事

帝王学

次の記事

感謝を感じない人