不安との向き合い方

解剖学者の養老孟司先生の言葉です。

『不安を感じないというのはバカ
そんなものあって当たり前だということを
自分で認めるべき

不安と同居することをおぼえる
人間の生物学的に不安になるに決まっている
不安の原因が分かったら恐怖になる
例えば、先端恐怖症、高所恐怖症、対人恐怖症など』

不安があって当たり前、
それがむしろ正常なのだと考える方が良いようですね。

コメントを残す

前の記事

決断できないとき

次の記事

書くことは侮れない