緊張を勝負強さに

試合や試験など、ここ1番のときに
緊張してしまう人は多いと思います。

緊張してしまう人には癖があります。
・緊張して興奮状態になる人
・緊張してビビってしまう人
・緊張して逃げ出す人
・緊張して結果を背負って行く人
などです。

まずこれらの癖を自分で把握することが大切です。
自分で分かっていなとただ
「緊張したら負けた」
で終わってしまいます。

緊張したらどういう状態になったか、
自分の癖はこうなんだ、
という自己を見ることが第一歩です。

自分の癖が悪い方向にでなくなったら
勝負強さが身についてきます。

コメントを残す

前の記事

自分でご機嫌を作る

次の記事

無観客