好き嫌い

学校の体育の授業は好き嫌いがハッキリしています。
なぜでしょうか?

教えてもらってうまくなっても
運動能力が高い生徒にはかなわない。
さまざまな評価があっても
結局はうまい生徒が評価されるからです。

クラスで平均してみると自分はできるほうだ、
と思う生徒は体育が好きだと感じ、
自分はできないほうだ、
と思う生徒は嫌いだと感じる傾向にあります。
(皆さんの学生時代を思い出してください。
当てはまると思います。)
最近の中高では、評価方法が改善されつつありますが、
まだまだその傾向が強いです。

認められなければ嫌いになるのは当たり前のことです。

コメントを残す

前の記事

変化新着!!

次の記事

PLAYという考え新着!!