PLAYという考え

特定の競技へのめり込んだり、
真剣さが強くなってくると
技術・選手の習得ばかりになりがちで、
スポーツの本質を忘れがちです。

スポーツの本質は「PLAY」です。
「PLAY」はスポーツをするときも
遊びでも使われる動詞です。

遊びと真剣は重なる部分が多いです。
スポーツ=遊びという考え方は
競技をおちゃらけてやる、ふざけてやることを
意味するわけではありません。

陸上競技の為末大さんは、
「遊ぶが勝ち」という本の中で
走る喜びを思い出し、競技力は向上していった
と語っています。

コメントを残す

前の記事

好き嫌い新着!!

次の記事

後ろ向き思考新着!!