勝利至上主義

今、サッカー日本代表がワールドカップ予選で
苦境に立たされています。

聞くところによると
森保監督と選手の関係は良好で
信頼関係は厚いらしいのですが、
さっそく代表監督の森保監督の
更迭論が出ていました。

なんで?って思ってしまいます。

信頼関係がなかったり、
チーム内がまとまってなかったり、
不協和音があるのであれば
分かりますが、
何年も代表監督をやってきて
ワールドカップ予選の結果が
悪いから予選の途中で更迭というのは
次へつながらないと思います。
振り返りや反省が次の勝ちに
つながらないと思うのです。

ギリギリのところで何とか
踏ん張ってくれると祈っていますが、
勝利以外に価値はないのでしょうか?

コメントを残す

前の記事

変わるのはどっち