打ち方の種類を増やす

私の中でフォアの技術の幅が狭いことが
かなりの課題で、今年に入ってから
様々、試して練習してきました。

今回は、その成果が
少し現れた試合になった気がします。

パワーがあるタイプではないので
球質の変化で勝負しなくてはいけません。

ミート打ち(ナックル多め)のボールと
ドライブ打ち(回転多め)のボールの
使い分ける感覚や場面が自分なりに少しだけ掴めた大会でした。

やはり、1つのフォームに頼っていては限界がある気がします。
ボールや場面に合わせて臨機応変に対応する力が必要です。

私が、最近意識していることは
「打つ前に力を入れない」です。

打つ前に力を入れると、どうしても力みが出て
フォームが固くなります。

これを意識してから
かなりフォアの感覚が良くなり
技術の幅が広がった気がします。

自分なりの答えが出てきたので
これもスクール内で皆さんに伝えられるように
もう少し研究していきます!!


前の記事

久しぶりの予選