指導理念(8/10)

「ふりかえりをする」

何かふりかえる時に、どうしても感性的に悩んでしまう人がいます。

「どうしてこうしてしまったのか・・・」

「やっぱり自分はだめなんだ・・・」

「いつも上手くいかない・・・」

特に、大事な大会などで負けてしまった選手は

何もできないくらい落ち込んでしまいます。

しかし、感性的に悩んでいても先には進みません。

なので意識的に思考の癖を日頃からつけていく事が必要だと思います。

良かったところはなかったか?

次までに何をしたらいいのか?

習慣にする行動は何があるか?

このように指導者がサポートする事が必要です。

そして、たまには立ち止まって

ふりかえる勇気を持つことも大事です。

案外、立ち止まる事が苦手な人がいる気がします。

前の記事

指導理念(7/10)

次の記事

指導理念(9/10)新着!!