きつ楽しい

プライベートネタです。
うちの貧弱な息子のことです。

小学3年生から地元の少年野球(スポーツ少年団)に入っていました。
野球の世界はスパルタです。
練習をしていなのにできないと怒鳴られます。
それが嫌で嫌で練習前はプレッシャーで吐いてました。笑
中学も仲間のおかげで野球をなんとか続けました。

この春、高校に入学して
あれだけシブっていた野球部に入部を決めました。
その主な理由は
・自分たちで練習メニューを考えて活動している。
・顧問もよく顔を出すがノックをするくらいで、見守ってくれている。
・顧問がいてもいなくても練習の質が変わらない。
・少しでもできてないと周りの選手が良い雰囲気で指摘する。
だそうです。
やらされている感じは一切なく、
自分たちで強くなろう!という感じらしいです。
私がコーチをしている青陵高校卓球部も今はそのような感じです。

毎日、
「今日もきつかったー。楽しい!」
と言っています。

部活動のあり方も進歩しています!
参考にしよ。

コメントを残す

前の記事

自ら志願

次の記事

気づき