ついつい

試合で結果を求めるとどうしても
口数が多くなってしまいますよね。

・徹底的に教え込まないといけない。
・アドバイスをしないといけない。
・正解を教えないといけない。

親や指導者がこのように考えていると
選手は窮屈に感じて自分をうまく表現できなくなります。
自分がその競技をしていたならなおさら
色々と口を出したくなりますが
まずは本人が競技と向き合うことを
第一に考えてあげることが大切だと思います。

先週は言い過ぎたかなとちょっと反省…。
今週は「教える」というより『問いかけ』を意識して指導してみようかと思います。

コメントを残す

前の記事

感動の全日本卓球

次の記事

心に余裕を