もろい子ども

最初は好きで始めたスポーツも
いつの間にか嫌いになって
やめてしまう選手もいます。

親や指導者からやらされていたり
外からの厳しさに合わずに
夢中になれないことが原因です。

自分の意思でスポーツを楽しんでいない子どもはもろいです。

たとえレギュラーになれなくても
試合に勝てなくても
苦しい場面を乗り越えたり
チームのためになり感謝されたり
他者との関わりが出てくると
楽しみを覚えてきます。

競技の楽しさにプラスして達成感や受容感など
人生にも活きてくる経験もさせてあげたいです。

コメントを残す

前の記事

上質に触れる

次の記事

夢中時間