イメージ記憶

全日本選手権が面白いですね。
ネットでずっと見てしまいます。笑

全日本クラスになると
ものすごい速さでラリーが続きます。
相手が打ってから自分が打球するまでの到達速度は
野球の150kmの豪速球の到達速度より速いと言われています。
(競技が違うので単純に比較はできませんが…)

脳が「よし打とう!」と思って体に命令を
開始してからでは到底間に合わない速度らしいです。
つまり、イメージ記憶という脳をフル活用して
打球していることになります。

練習で何回も何回も打ったときと同じボールだと
脳が判断できれば打球する可能性が高くなります。
いわゆる「体が勝手に反応する」状態です。
それを様々な回転を駆使しながらオールコートで戦うわけです。

そんなことを考えていると神業の連続です。
一流選手同士の戦いは面白いです!

コメントを残す

前の記事

逆算

次の記事

脱スロー