効果があるかないか

先日、SNSで以下のような投稿をみました。
「練習は嘘をつかないって言葉があるけど、
頭を使って練習しないと普通に嘘をつくよ。」
「人から言われてやった練習は努力とは言わない。」
です。

つまり自分でやろうという意志がない練習は
効果がない(薄い)ということだと思います。

目標に向かって繰り返し練習すると
子どもたちは技術を吸収して伸びます。
しかし、まだまだ未熟な子どもたちですので
やろうという気が起きなかったり、
やろうという気が落ちていったりします。
そうするとせっかく練習していても
効果がなくなってしまいます。

そんな状態を見て指導者が言葉がけをして
気持ちを上げてやるアプローチは大切かなと思います。

コメントを残す

前の記事

急がず焦らず

次の記事

視覚も使う新着!!