子どもも大人も夢がある

どこまで行きたい?
目標は何?

集中力が切れがちな小学生によく使う言葉です。
この時にいつも思うのは
相手に問いかけているけど
自分にも問いかけてみよう、
ということです。

大人(会社員、親など)でも当然、夢や目標があり
それが達成できるのかどうか分析をして
現状の隔たりをうめるために頑張っている方が多いと思います。

夢や目標が魅力的であればあるほど
努力や困難も大きくなりますが、
夢がない人生なんてつまらないと思うのです。
よっしゃー!

 

 

コメントを残す

前の記事

さびしい挨拶

次の記事

今日から全国ホカバです