感覚をつかむ

卓球は感覚スポーツなので
よく長島茂雄さんのように
パーンと打つ、
グッと回転をかける、
そーっとボールをとらえる、
など
擬音語も駆使しながら感覚を
伝えようとする指導者も多いと思います。

とある運動理論より
「感覚的なものは伝えにくい。
選手が自分で感じていくもの。
そのためには効率の良い練習を
他者と競争しながらやるのが一番良い。」
らしいです。

良い感覚をつかんでもらうために
色々試してみようかなと思います。

コメントを残す

前の記事

難解なスポーツ?

次の記事

技術かメンタルか?