慶應フィーバー

高校野球の決勝戦、見ましたか?
私は練習だったので見られませんでした…( ;  ; )
あとでYouTubeでダイジェストを見ました。
YouTubeでも感動して鳥肌が立ちました。

慶應高校野球部にはエンジョイ・ベースボールという
言葉が浸透しているようです。
ニコニコ楽しめば良いというエンジョイではなく
楽しむためにはレベルを上げてより高いところで
プレーをしようということらしいです。

そして森林監督は「高校野球を変えたい」という一心で
指導されていて、選手が坊主ではないことで注目を浴びています。
また、相手がホームランを打ったら相手選手に拍手を送ったり、
バッターが相手キャッチャーのマスクを拾って渡したり、
相手チームへのリスペクトが行動に現れているところもすばらしいです。

あの球場が一体となる慶應義塾高校の応援は
近年見たことがありません。
慶應義塾高校関係者の皆様、おめでとうございます!
慶應フィーバーがしばらく続きそうですね。

コメントを残す

前の記事

卓球は緻密です

次の記事

目標を持ち続ける