指導の難しさ

子どもたちと接すると指導の難しさに直面します。
同じように働きかけるけど
うまくできる生徒とできない生徒がいる。
一生懸命情熱をかけてあげても
伸びる生徒と伸びない生徒がいる。
結局、指導者がイライラしたり焦ったりすることになります。
若い時にはどうにもできなくて高圧的な指導もしたりしました。

しかし、よく考えてみると
他人をコントロールすることは無理です。
自分の子どもでも無理です。
良い方向に促すことはできますが、
指導者(親)が伝えたいことを
具体的につかめるかどうかは本人次第です。

だから他人を変えてやろうと考えるより
今、自分にできることを精一杯やるだけですね。

コメントを残す

前の記事

やればできる

次の記事

チャレンジを続けた結果