最後は自分が決心する

卓球の好きなところの一つに
「最後は自分が決心する」
ということがあります。

試合中、
最後にどんなサーブを出しますか?
最後にどんな戦術を考えますか?
一か八かの勝負にでますか?
確実につないでいきますか?
これらの判断は最後は自分が決めなければいけません。

失敗を繰り返しながら
最後は自分が決めた考えで
勝ち始めるともうたまらなく
楽しくなってきます。

忘れもしません。
大学生の時、大接戦の最終局面で
いままで出したことのない
とっておきのサーブを出そうとしたら
先輩から「効いてるサーブを使うぞ!」
と言われ…言われるがまま効いているサーブを出したら
相手に読まれ見事に敗戦しました。

先輩を恨んだわけではなく、
決断力がなかった自分が情けなかったです。
これほど後悔した試合はありません。
それ以来アドバイスは聞きますが、
「最後は自分が決心する」を実行しています。
今ではこの精神が大好きになっています。

コメントを残す

前の記事

良い癖をつけよう

次の記事

考えられる選手