無条件の愛情

今の時代だから心配なことがあります。
それは小さい頃から常に他人との競争を強いられたり
失敗を必要以上に責められてたりして
自己肯定感が育まれないことです。

当然、親は子どもに愛情を注いでいますが、
コミュニケーションの中心が勝負だけになってしまうと
がんばったときだけ
勝ったときだけの
愛情になる可能性があることです。

子どもの心づくりの根本は
生まれてきてくれてありがとう!
かけがえのない存在だよ!
という無条件の愛情であることです。

勝負だけのコミュニケーションにならないように
気をつけたいものです。

コメントを残す

前の記事

一流選手に会う

次の記事

伸びる