チーム戦はおもしろい

卓球は基本的には個人競技ですが、
団体戦のほうが楽しいという選手は多いです。
それぞれの役割を果たしながら
チームのために戦う過程が個人とは違う
緊張感を生むからでしょうか。

昨日のプロ野球日本シリーズ第2戦は緊張感が半端ありませんでした。
みなさん観ましたか?
9回裏に3点ビハインドのヤクルトが3ランHRで
同点に追いつくとそのあと両チームにチャンスがありますが、
抑えのピッチャーがそれぞれ踏ん張り、
規定の12回までに勝負がきまらず引き分けとなりました。

一昔前と違い、
先発ピッチャーが完投することは
少なくなりました。
中継ぎ陣が良い仕事をします。
1回か2回だけのピッチングですが、
そこを抑えることに全神経を注いでいます。
そんな良いピッチャーが次から次へと出場します。
何人の選手が出場したのかもう分かりません。
監督の采配と選手の技術が
がっぷりとかみ合った試合でした。
いやー、まさに総力戦とはこのことです。

ヤクルトの高津監督は好きだし、
オリックスは昨年惜しいところで日本一を逃して
悔しい思いをしているだろうし、
どっちを応援しようか迷ってしまいます笑

コメントを残す

前の記事

ビクビクしなくて良い

次の記事

男子ランキング戦