守りに入る

勝負の世界では
勝ちを意識した(勝てると思った)瞬間に
守りに入ることがあります。
卓球で例えると
今まで攻撃でポイントしていたのに
勝ちを意識したらツッツキやブロックが多くなってしまう場面です。
もう少しで勝てるからボールを置きにいって
相手のミスを待つようになります。

相手のミスを期待して
相手がミスをしてくれるのは
まだレベルが高くない試合です。
レベルが高くなればミスをしてくれません。
置きにいったボールはチャンスボールになってしまいます。

もう少しで勝てるときの練習も必要になります。

コメントを残す

前の記事

相手の長所を打ち砕く

次の記事

飽くなき探究心