弱点克服

アスリートは弱点を克服する経験をすると
成長を実感できモチベーションを高くさせます。

ジュニア世代の選手になると弱点を克服するのに
ポイントを絞って導く必要があり、そして時間がかかります。
ですのでコーチの役割が大切になります。
ただ単に練習を重ねれば良いというわけではなくなります。

弱点を克服できたときに
「うまくいかなくても大丈夫」
「練習すれば自分でもできる」
というくじけない気持ちが湧いてきます。

そしてその克服を何回か繰り返すと
うまくいかない時期が続いたとしても
モチベーションを保てることになります。

(だからといっていつも弱点ばかり指摘してもダメですが…)

コメントを残す

前の記事

励ましの言葉

次の記事

真似てみる